Y4U  - iPhone開発(2011)

ENGLISHhttp://www.y4u.jp/eng
 

2011修正状況

参照機能/GPXインポート機能テスト

  以前の計測結果と同じようにGPXインポートして参照データとして使用できます。

参照機能/裏技など

  操作や裏技について(ブログまとめ)

RunLogger19j/地図コンパス19j Ver3.1.96

  7ヶ月ぶりのバージョンアップです。要望の有った距離と面積計測機能を追加しました。

地図コンパス19jでの起動出来ない問題について

  位置情報サービスをONにしてください。

2011年目標 

2010年12月から2011年4月までPCの大規模ソフトをAndroidに移植する作業のため、iPhone開発を中断していましたが、また再開しました。半年以上たつとiPhoneの状況も変わっており、ナビ関連ソフトも入れ替わってしまったようで浦島太郎状態です。

    ナビ関連ソフトの画面も驚くように奇麗な物やWeb連携する物など多種多彩ですが、やはり自分の使い方とは違うので、RunLoggerの機能拡張を進めて行く事にします。

    最初にRunLoggerを作った時のコンセプトは「1つで何でも出来る」でした。計測結果をクラウドで共有して。。。とも考えましたが「やっぱ違うな」と思い、RunLogger内部機能として作り込む事にします。

     よって2011年の目標は変更して以下の様な項目にします。

1。計測結果の参照/比較機能

   以前の計測結果とリアルタイムに比較してペースが分かるように。。

2。計測結果のGPX出力機能

   時間/距離付きでデータを出しグーグルアースやルートラボでの使い勝手を良くする為に。。。

3。GPXのインポート機能

   他の人のルートを参照データとして使用できるようね。。。

4。画像地図の参照機能

   3G回線が使用出来ないような場所でも計測できるように。。


実現は何時になるかは分かりませんが。。。。。